1日インプラントを知っていますか?

「費用をできるだけ抑えたい」「身体の負担を最小限にしたい」−そうした想いから、1日インプラントは生まれました。

従来のインプラント治療では、歯が入るまでに複数回の手術と、少なくとも6ヶ月の期間を要しました。総入れ歯の場合、総額400万円を超える費用を支払った上に、半年は入れ歯のままで辛抱し、食事や会話に変わらぬ不便があるのです。加えて、長い治療期間と多数のインプラント埋入は、身体にも大きな負担がかかります。

1日インプラントは「12本の人工歯を、長い4本のインプラントで支える」技術です。これによって、もっとも費用がかかり、身体にも負担をかけるインプラント埋入の本数を、1/3に減らすことができます。さらに、長いインプラントで強固な初期固定を得て、手術当日に歯を入れることを意図しています。これによって、いち早く「好きなもの食べて、会話もストレスなく楽しんでいただく」ことを、目指しています。

「4本だけのインプラントで、強度は大丈夫なの?」と、心配されるかも知れませんが、この技術は、年間千人以上のインプラント・ドクターを指導する立場にある、ポルトガルのパウロマロー博士が50年以上の歴史を持つインプラント技術に改良を加えることで確立、すでに世界中で支持されているものです。当院でも過去に166人の患者さんが、この治療を受けられています(2009年5月から2013年11月まで)。

歯冠については、セラミックと強化プラスチックが選べます。

従来のインプラント治療を行ったAさんの場合

従来のインプラント治療を行ったAさんは、インプラント手術をしてからも約半年間は入れ歯のまま過ごし、その間の食事はおかゆなど、今までと同じ柔らかいものだけだったそうです。

初めて医院を訪れた日から数えると、歯が入った時には約1年間もの歳月が経っていたそうです。

1日インプラント説明図 手術したのにまだ入れ歯のまま
1日インプラント治療を行ったBさんの場合

1日インプラント治療を行ったAさんはインプラント手術をしたその日に歯が入りました。その日からご飯やパンなど普通の食事が出来ました。手術の1ヶ月後には、おせんべいなどの堅いものも食べることができました。

1日インプラント説明図 手術した日に入れ歯が入った
入れ歯の不満がすべて解消します!

当医院にご相談にこられる方の中には入れ歯に不満をお持ちの方が多くいらっしゃいます。食事の時に噛めない、食べ物が挟まる、話をしている時にずれる、しゃべりづらい、普通に生活していても違和感がある、調整に通うのが大変、洗浄に手間がかかる、臭いが気になる…など入れ歯への不満は数え上げたら切りがありません。
これらの入れ歯の不満を全て1日で解消できるのが1日インプラント治療です。

・強い力で噛める

入れ歯では天然歯の5分の1の強さでしか噛むことができませんが、インプラントであれば天然歯とほぼ同じ強さで噛んでいただくことができます。

・臭わない

インプラントは天然の歯と同じですので、入れ歯のような口臭は発生しません。臭いを気にせず生活していただけます。

・取り外して洗浄する手間がない

インプラントは一度設置してしまえば、自然の歯と扱いは同じです。取り外して洗浄する手間が必要ありません。

・異物感がない
インプラントの使用感は自分の歯と同じです。入れ歯や差し歯のような異物感はありません。

・不意にはずれる心配がない

入れ歯は、ちょっとした圧力がかかると不意にはずれてしまうことがあります。

インプラントならしっかりと固定されているので、その心配がありません。

・自由な表情が作れる

入れ歯がはずれることや、口臭が気になってしまうと、自由に表情が作れません。インプラントならそのようなことがありませんので、表情が豊かになり、人と会うことに自信が持てるようになります。

専門的でわかりづらい話ですので、もしご不明な点や、ご不安がありましたら、お問い合わせ頂くか、一度初診をご予約下さい。

初診の場合は、まずは通常の保険診療として、患者様の状態を正確に把握します。その上で、インプラントに限らず、最適な治療をご提案します。